HOMEよくある質問ハーブについて > ナスタチウムの育て方

ナスタチウムの育て方

3018e92e6509532bea8155e450488308
ナスタチウム・・・春に種をまくと初夏と秋に開花し、冬には枯れて無くなる一年草です。南国風のオレンジや黄色の花とハスのような丸い葉をつけます。

開花時期・・・4月下旬~7月、9月~11月上旬

手入れ・・・花がら摘みをします。真夏になる前に切り戻しておくとよいでしょう。ナメクジ・ハダニが付きやすいので管理が必要です。

日当たり・・・日光を好みますが高温多湿は嫌います。できれば真夏だけは反日陰に移動させたり、ヨシズなどで遮光してやるとよいでしょう。

水やり・・・土が乾いていたら水をたっぷりとあげます。水をあげすぎると根腐れを起こしたり、葉っぱが蒸れて腐ってしまいます。

肥料・・・やせ地を好むので、肥料は元肥のみで十分です。

用土・・・水はけのいい土に植えます。市販の赤玉土を混ぜて水はけを良くしてから植えるといいですよ。

鉢植え:ツル性で長く伸びるので、ハンギングに使われたりします。


【コンパニオンプランツ】
ハーブと一般の草花や野菜を混植して、それぞれの植物の
特性を活かして、病害虫を防ぐことをコンパニオンプランツ
(共栄植物)と言います。  
ナスタチウムはアブラムシを遠ざけます。
アブラムシを好む植物と混植させると良いですよ♪
お問い合わせはこちら