HOMEよくある質問ハーブについて > ゼラニウムの育て方

ゼラニウムの育て方

0551b71937f4a0e90e794f55d35f9b1a
ゼラニウム・・・ゼラニウムは一年を通して花を咲かせる多年草です。寒さに弱いので、プランターや鉢植えにして冬場は室内や軒下に移動させて越冬させると良いでしょう。

効用・・・ゼラニウムには”シトロネラ”という蚊の嫌がる成分が含まれており網戸の近くに置いておくと蚊の侵入を防ぐことができます。

開花時期・・・3月下旬~11月上旬

手入れ・・・花が咲き終わった後や、草丈の伸びによって全体のバランスが悪くなった時は切り戻しを行います。

日当たり・・・日当たりと風通しの良い場所で育てます。夏場、あまりに高温になると弱って花が咲かなくなったり、葉色が薄くなったりしますので、鉢植えの場合には夏場は明るい日陰に移動させてもよいでしょう。冬場は霜に当たらないように室内か軒下に移動させると良いでしょう。

水やり・・・湿気には弱いので、土の表面が十分に乾いてから水を与えるようにします。

肥料・追肥・・・肥料はあまり多く必要ありません。春と秋に10日に1回ほど液体肥料をやります。

用土・・・普通の花の培養土に水はけをよくするためにパーライトや赤玉土(小粒)を1割から2割ほど混ぜて水はけをよくします。

鉢植え・・・1年に2回程度、春と秋に一回り大きな鉢に植え替えを行うと根詰まりが解消されます。

お問い合わせはこちら