HOMEブログ > 姫路ガーデンエクステリア工事  リフォーム

姫路ガーデンエクステリア工事  リフォーム

姫路市ガーデンリフォーム工事着工



IMG_20180616_150244
IMG_20180616_1502401
エクステージバックフォーも
かれこれ17才くらいでしょうか


バケツの爪 10年程前 一度交換したのですが

ご覧の通り 漫画に出てくる恐竜の脚でしょうか

猫の肉球というのでしょうか


丸くなってます

みやもと職人いわく


これくらいが丁度いいんや




そうです あまり鋭いと

掘床に溝が残り

それを処理する作業が必要となります


ま 固い地盤を削るときはしんどいですが


交換はバケツごとになるので


ちょっとした出費になります


まだこの ニャンコの爪で頑張ってもらいましょう!(^^)!




OB様ガーデン工事





IMG_20180616_111653
IMG_20180616_142225
IMG_20180616_142642
エクステージ号で狭いところも


削り取っていきます

乞うご期待






1期工事のお庭


IMG_20180616_144244
IMG_20180616_144306
我ながらいうのも何ですが

家族憩える空間ガーデン

自信あります


お客様にもいい庭ですと お褒めいただきました



落葉樹を多用しましたが

かれこれ 5年以上たちますが

落ち葉が一つも砂利に交じっていません


お母様が 手作業で砂利部から拾ってくださっているようです



これには 脱帽です(^^♪



ほんと綺麗にお庭を管理されています

プランナーとして嬉しい限りです











大阪北部を震源とする地震



被害に遭われた方々、心からお見舞い申し上げます


 

必ず地震となると ブロック塀倒壊のニュースが流れます

 

エクステリアプランナーとして

 

今回は非常に心が痛む被害でした

 

 

私たちにできること

 

それは 法令順守

 

かつ 安全な設計及び施工なのではないでしょうか

 

 

ニュースを見ていて

 

公共の構造物で 8段も控え補強なして積みあがっている状態をみて

目を疑いました

 

たとえ規制前であっても ご丁寧に表に絵を描く工事の時にやり替えれたのではないか

 

 

打診棒と目視で無資格者が点検を行いました とのこと

 

打診棒とはタイル等の浮きを調べるもの もともと空洞のブロックに打診棒とは意味が解らない

 

目視でとはあるが 裏面を見るとブロックの段数が明らかに基準以上が解るはず

 

 

 

ほんとに 考えさせられます

 

ブロックは危険なものだと 一般の方々は思うでしょう

 

でもエクステリアの世界では切っても切れない関係にあります

 

今後このような事を少しでも減らさないといけません

 

正しく設計 施工 管理すること

 

それが私たちの仕事です

 





takashi   higashiguchi

 

 

 

 

お問い合わせはこちら