HOMEブログ > エクステリア基礎のマメ知識  姫路外構工事

エクステリア基礎のマメ知識  姫路外構工事

エクステリアのブロック基礎


段数 土圧の有無により変わってきますが


基本的には鉄筋入りが普通です



R0010264
R0010265
これはエクステージのブロック基礎の一例です

土圧のかかるブロック基礎なので

縦筋の配筋ピッチはブロック1個分置き 40センチピッチになります


一般的には縦筋は 80センチピッチが普通です



昔は

無筋

型枠無し

スペーサー無しといった基礎をされる業者さんもおられましたが


この地震の多い時代

鉄筋は当たり前になってきてます


スペーサーのブロックは鉄筋とコンクリート外面の距離  かぶり厚を確保するのに需要です


後 コンクリートを留める 型枠 や木枠

コンクリートの幅・厚みをきっちり施工するために


型枠は絶対必要です


これも今の時代当たり前になってます


掘った穴に木枠も組まずに基礎のセメントを流すのを

建設業界では バカ打ち って言います





型枠入れて施工しないと基礎の出来高管理ができません

どれくらいの厚みが確保できたのか不明ですね(^^♪



型枠無しの施工をしている業者さんは



コンクリートの厚み・幅等の出来高のチェックができていないことになります


幅も不均等ですからね






エクステリアのブロック基礎 マメ知識でした









ひがしぐち たかし







お問い合わせはこちら