HOMEブログ > 機能門柱施工は電気工事士のいるお店で 姫路エクステリア屋ブログ

機能門柱施工は電気工事士のいるお店で 姫路エクステリア屋ブログ

ユニソン 機能門柱施工


まずは 

地中に埋まるちょっとした大事な作業

DSCF1236
DSCF1237
埋め込み部の 背中面の下を切り込み


これ大事

つまり配管を入れるとき

こう


DSCF1242
そのままだと

急激に配管が曲がります

なので 切り込んで

しなやかの曲がるように ということです(^^♪


あとは

配管 入線

これがまた難しい(^^♪





DSCF1239
DSCF1240
DSCF1241
DSCF12432
この辺は

電気工事をお願いしてた頃

電気屋さんの手元について

いろいろ 勉強したこと

あ~ こんな小道具使うんや




なに このドリル???


え~ こんなものあんなものが 入線に役立つ!!!とかとか



いろいろ勉強

というか 

目で技術を盗む


あ~

思い出しました

15才の高校1年の 喫茶レストランでバイトしてるとき

洗い場ばかりしてて たまに

喫茶コーナーでオーダーが入って チョコレートパフェを作るとき

チーフに


「ええか ぼく 仕事っちゅうもんはな 目で盗むんや

  手取り足取り 教わるもんちゃう

      ええか わかったか ようみとけ!!」


その あの時の言葉 あの時の状況も今でも頭に残ってます


そうです


仕事や技術は 目で盗むんです!

ちょい 話それました


なので

電気の学校出てなくても

独学で電気工事士の免許取れました(^^♪


ほんと
大事なことです

DSCF12433
DSCF1244
照明もセットして

建込に

軽トラ号に積み込んで

DSCF1245
DSCF1255
いのうえ職人さんと建込


やれやれ


これから 100ボルトを12ボルトに変換するトランスのセットになります


ここから

電気工事士 本来の資格が必要となります


機能門柱は電気工事士のいるお店で施工しましょう(^^♪




エクステージの ひがしぐち たかしでした
お問い合わせはこちら