HOMEブログ > 将来のひび割れ防止のために、ご理解いただくこと

将来のひび割れ防止のために、ご理解いただくこと

将来のひび割れを防ぐため


エクステージでお願いしている

仕上げの一つ

収縮目地の施工


玄関ポーチのステップの段差の追加は


ほぼ ブロックが普通です



どうしても 


段の入隅に隙間ができます




20170512_0852063-column31
要は これ


それぞれの強度が違う

という

原因です


そうです



今のハウスメーカー


震度7以上にも耐えうる


基礎を売りにしてます

その基礎に

土の上にブロックを使って


ステップを追加する


強度の違い


なんです




一次的な安易に補修はできます

でも完全に一体化は不可能です
20170512_0854281-column31
エクステージでも


この クラックのことをご理解いただいて

施工しています


現実的に


建物基礎の玄関ポーチと同じ地耐力のブロック基礎は


不可能です



では


玄関ポーチ 上部の踊り場はどうでしょう




IMGP1963
すでに施工済の

下地コンクリート ポーチ下地


これに 

一番上の広いスペースを延長するデザイン




必ず

躯体と延長部の境目の仕上げに収縮目地


入れましょう



 


20170512_0850561-column22
写真はチョット陰で 判りにくいですが


境目の目地だけ2センチほどの樹脂の目地になります



見た目 云々別にして


エクステージでは 必ずご理解いただきます



先書いた通り


震度7以上に耐えられる基礎に一体化している

構造物と同じ地耐力の玄関ポーチへの下地延長は

エクステリア業者では不可能です



このまま安易にブロックで継ぎ足すと


将来 早ければ2年程 

長くもっても10年程で


必ず 仕上げ材に クラック等の支障が出ます


断言します


なので 

緩和剤を入れます




小学校とか中学校で

増築部分とか

渡り廊下


ジョイントに融通の利くアルミ材がそれです


建築用語で エクスパンションジョイントといいます




建築知識を持ったプランナーなら


解るでしょう



現場監督からエクステリアプランナー経て 28年


いろんな ひび割れ見てきました



10年 20年 30年 もっともっと末永く


構造体に関しては

十分な知識を持っての



デザイン 施工管理が問われますね


実に重要な事なので


ご理解ください



















新発見


IMG_20190624_152715
今まで

半袖のポロシャツで


日焼け覚悟で過ごしてましたが

アームカバーとやらを

アグロワークで買ってみました



実に涼しい



風が当たると

スースーする



お風呂に入るとき

日焼けの腕がひりひりすることもなくなりました



実に

いいのもです(^^♪





ひがしぐち たかし



お問い合わせはこちら