HOMEブログ > 最近の電気工事事情

最近の電気工事事情

エクステリアの照明の電気工事


最近12ボルトとか24ボルトとか

低電圧の商品が多くなりました


私は今まで

この低電圧に変換するトランスを屋外コンセントに差し込んで


後の配線は電気工事士でもなくても施工できる

ローボルトを使用してきました


消費電力は格段に少ないし

一番のメリットは

漏電しても




ブレーカーが落ちない


これポイントです



100ボルトでしたら 漏電するとお家の元のブレーカーが落ちます


今12ボルトが多くなりかなり対応できるようになりました



でも

まだ スポットライトとかは100ボルトの方が設置方法に有利なところもあります



いいほうを使っていけばいいと思います





電気工事士の免許を取得した今後も


適材適所に提案していきます



IMG_20181030_1534582
道具もボチボチそろってきました


とわいえ


まだ結線BOX内の接続工事しか

自分では施工しないと決めています


今まで通り


電気屋さんに依頼して 目で見て 教えてもらい




電気工事のノウハウを勉強していきます












ライトアップを綺麗に演出するエクステリア照明工事


まだまだ


無資格で電気工事している業者もおられます


あの職人さん 昨日ブロック積んでたなと思ったら 100Vの照明器具を持って結線BOXの辺りをうろうろしてた


こんな時

注意が必要です


漏電感電事故

粗悪な結線ですと大事な新築マイホームの火災の原因にもなります


エクステリア照明器具の施工は


有資格の電気工事屋さんで工事するか

しっかり業者さんに確認しましょう


電気マメ知識でした











エクステージ

ひがしぐち たかし
お問い合わせはこちら